運転免許の取り方~AT車とMT車の違い~

運転免許の基礎知識

AT車とMT車の違い

これから運転免許を取る時にまず決めないといけないので「AT車」「MT車」です。
これだけ聞いても何がどのように違うのかすぐに分からないと思います。
大きな違いは「ギアチェンジ」自動で行うか手動で行うかの違いです。

ギアチェンジとは車の速度やエンジンの回転数に応じて、適切なギアを選ぶ操作です。車のギアボックス(トランスミッション)には、複数のギアがあります。低いギアは加速力を高め高いギアは速度を上げるために使用されます。

運転免許<br>ライダー
運転免許
ライダー

初めて取得する人にはイメージが湧かないと思うけど、加速するために必要な装置という風に覚えておいてね!

AT車について

AT車は、変速機が自動的にギアの変更を行うタイプの車です。
普段よく見かける車のほとんどは「AT車」になります。
ご家庭の車やタクシー、レンタカー、カーシェアなど、ほとんどが「AT車」です。

ギアの変更は自動的に行われるため、運転が簡単であり、運転で疲労を軽減することができます。
運転の際は通常、P(パーキング)R(リバース)N(ニュートラル)D(ドライブ)のギアのレバーを使用して、運転をします。
基本的には「アクセル」「ブレーキ」のみを使用して走行します。
一部の車にはパドルシフターと呼ばれるハンドル付近のボタンやパドルが装備されており、手動でギアを変更することも可能です。

エンジンの回転数や車の速度に基づいて、変速機が自動的に最適なギアに切り替えます。このため、運転する人はギア変更に関して意識する必要がありません。

運転免許<br>ライダー
運転免許
ライダー

一般的に走行している車のほとんどはAT車だし、操作も簡単だから選ぶ人が多い車だね!

MT車について

MT車は、運転する人が手動でギアを変更するタイプの車です。
普段走っている車の外観を見てもすぐに「MT車」という区別はつきにくいですが内装を見ればすぐに分かります。
バスやトラックなどは「MT車」である事が多いです。
また、好んで「MT車」を運転する人や車の購入する人もいます。

MT車は手動でギアチェンジをしないといけないため、「アクセル」「ブレーキ」に加えて「クラッチペダル」があり、この「クラッチペダル」を使いながらギアチェンジを行います。
ギアは1速から順番にギアを変えて速度を上げていきます。
運転する人は適切なタイミングでクラッチを操作し、ギアを選択する必要があります。慣れるまでは「AT車」よりも操作が複雑であり、スムーズなシフトチェンジには「AT車」よりも練習が必要です。

運転免許<br>ライダー
運転免許
ライダー

MT車はあまり見かけない車だし、操作もAT車とは違って複雑だから難しいんだよ。
でも、操作が難しい分、スポーティな運転体験ができるよ!

AT車とMT車の運転免許について

運転免許には「AT車の免許」と「MT車の免許」の2種類があります。
AT車の免許は「AT限定」の免許で、「AT車しか乗れない」免許になります。
一方、MT車の免許は「MT限定」ではないのでATもMTも両方乗れる免許になります。

自動車教習所に通う時はまず、「AT限定の免許」か「MTの免許」を取得するかを決めて教習を進めます。ATとMTでは教習のカリキュラムが若干異なるので注意してください。

運転免許<br>ライダー
運転免許
ライダー

AT限定の方が免許取得までのスピードは速いよ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました